地域介護力事業とは?

震災前から、気仙地域では慢性的な介護職不足が続いておりましたが、被災後の人口流出等により、さらに深刻な問題となっています。

そこで、

(1)介護職の力量アップの諸方策を推進する”
(2)住民一人ひとりに基礎的な介護・医療知識を!

多世代がいっしょに、体系的に学べるよう、気仙内外の専門職やプロフェッショナルの助言も得ながら「住民による、住民のための学び場」を運営する事業のことを「介護力アップ事業」と言います。

 

介護力アップ助成事業と、助成金申請団体の募集について


上記の地域介護力アップ事業に取り組みたい活動団体のために、

その地域介護力アップ事業を運営するために必要な経費を

助成し、地域の介護力アップのために利用していただくための事業です。

そのため、地域介護力アップ事業を行う、地域介護力アップ助成金申請団体を

募集いたします。

目的

介護従事者及び地域住民の介護等に関する知識向上に資する地域の

介護力アップを図るための事業を実施する場合に未来かなえ機構は、

事業を助成する。

対象団体

気仙2市1町内の公民館・公的施設・各種コミュニティ等か地域介護力アップ事業の

目的に合致する活動団体等(法人団体・任意組織の団体・グループ)

対象経費

・講師謝礼や旅費、運用費など事業実施に必要と認められる経費。

・他の補助制度の補助を受ける事業は除く。

事業費限度額

・1回開催:事業費限度額を5万円とする。

・複数開催:1団体年間10万円を上限とする。

・参加者負担金等がある場合は、その金額を除いた額を事業費とする。

・代表理事が特に必要と認める場合は、事業費限度額を超えることができる。

申請方法について

今年度実施の介護力アップ事業の申請期限は、

令和3年5月31日(月)までとなっています。

提出書類として、

①事業実施申込書(様式第1号)

②事業計画書(様式第2号)

③収支予算書(様式3号)

以上の提出が必要となります。

未来かなえ機構地域介護力アップ助成事業に関する要綱は、

下記のリンクより確認できます。

未来かなえ機構地域介護力アップ助成事業実施要綱

申請に必要な、様式第1号~第3号までの書類は、

下記のリンクより確認・印刷、またはダウンロードした後に編集して

ご利用ください。

事業実施申請書(第1号)

事業計画書(第2号)

収支予算書(第3号)

申請をされた後、未来かなえ機構事務局にて、申請内容に関した

協議を行い、承認が合った場合は、下記の文書を発送いたしますので、

参考として掲載いたします。

未来かなえ機構地域介護力アップ助成事業 事務局発送様式(第4号)

申請が受理された事業団体の方々は、下記の様式を必要に応じ

印刷、またはダウンロードした後に編集してご利用ください。

事業計画変更(中止・廃止)承認申請書(第5号)

事業費交付請求(精算)書(第6号)

事業費交付の前金払請求書(第7号)

また、上記の助成金申請団体募集のチラシと、

応募要項のチラシを詳しく閲覧したい方は、下記のリンクより確認してください。

未来かなえ機構地域介護力アップ助成金申請団体の募集に関して・令和3年度未来かなえ機構地域介護力アップ助成事業の応募要項