【未来かなえネットとは?】

  病院・診療所・薬局・介護施設・行政の間で、住民のみなさんの「ご病気」
「飲んでいるお薬」「検査や健康診断の結果」などをお互いに閲覧できるよう
にすることで、 住民のみなさんの健康を気仙一丸となって守っていくための
仕組みです。

例えば、診療所と県立病院の両方に通院する場合、
「今までどんな病気かかりしましたか?」
「どんな薬を飲んでますか?」


と聞かれて説明に困ったり、同じような検査や薬が重なって面倒、
金銭的負担に思うことはありませんでしたか?

「未来かなえネット」は、情報をみんなで共有することで、
不要な負担や手間を減らしていこうというものです。

具体的にどんな良いこと(メリット)があるかというと、


① 事細かな説明の手間が楽になります。
② ムダなお薬や検査があればその負担を減ります。
③ 救急車で運ばれるようなことがあっても、スムーズに対応出来きます。
④ 万が一の災害の際も、情報を残ります。

などがあります。

 

【ICT事業 未来かなえネット】

 岩手県は被災沿岸市町村をはじめ、各地域に医療・介護等の地域連携を推進する
ための基幹インフラとしてICT(情報ネットワーク)構築を支援しています。
気仙圏域では、この支援を受けて、大船渡市・陸前高田市・住田町の2市1町の
医療介護保健福祉関係施設をつなぐ「未来かなえネット」をスタートしました。
これまで、ワーキンググループや勉強会を重ね、積み上げてきた議論や要望を
このネットワークに反映して、関係医療機関や施設の利活用はもとより、
住民に安心・安全を提供できる仕組みづくりを目指しています。
また、他地域と連携し、医療情報の共有範囲を増やしています。

<連携情報>
・平成27年度    未来かなえネット設計・開発
・平成28年度    未来かなえネット本格稼働開始
・平成29年度    試行実験として両磐地区に未来かなえネット導入
・平成30年度    本格稼働として両磐地区参加施設と連携開始
・平成30年度    MMWINとの連携準備
・令和元年度5月末  いわて中部ネットと連携
・令和2年度7月   みやぎ医療福祉情報ネットワーク(MMWIN)と連携
・令和2年度10月  いわてメディカル・メガバンク機構(IMM)と連携

 

【住民登録人数】 11,156人
【参 加 施 設】        71施設   ▼参加施設一覧
【他地域との連携】
・いわて中部ネット(北上市、花巻市、遠野市、西和賀市)
    こちらのPDFファイルもご参照ください
・みやぎ医療福祉情報ネットワーク(MMWIN)
・いわてメディカル・メガバンク機構(IMM)