10月30日 県立磐井病院、加藤院長、中村副院長に未来かなえネットの説明
一関地域の中核病院として、試行に参加いただく中で、地域の課題やご要望を頂戴しました。

10月29日 住田町産業まつりにブース開設

10月27日 住民プロモーション(登録呼びかけ) 住田町報にセットして全戸配布
これまで2回気仙の2市1町の協力で配布支援いただきましたが、今回は申し込み書を改め、また、機構の活動トピックスを添付して実施いたしました。

10月19日 総務省中間監査
監査法人関係者3名が来局、2時間程度意見交換しました

10月18日 JAICA(青年海外協力隊)視察:大船渡病院
乳幼児の健康医療の視察で来日されたアフリカ等の関係者30名が来仙され、大船渡病院でレクチャーを行いました。関係者からは熱心な質問が相次ぎました。

10月17日 救命救急システムの二ユース・リリース :大船渡消防本部
8月にモデル機を1台設置し、機能確認を行ってまいりました。残りの救急車の環境に合わせて調整し、来年3月までに全車装備を進めてまいります。岩手日葡・東海新報紙にも大きく取り上げられ、内外から問い合わせがございます

10月10日 国立岩手病院、院長・事務局長にに未来かなえネットを説明
同病院と関連の深い薬局様からのご要望で、同院と連携について説明させていただきました。現在前向きな検討をいただいております

10月3日 大船渡母子保健連絡会で未来かなえの小児科オンライン実験説明
8月からモニター対象に実証実験を行ってまいりました。短期間ながら利用したお母さんからは絶大な評価をいただきました。連絡会出席者からも高い関心が寄せられました