3月29~30日 総務省現地監査 :両磐地区
総務省の「高度化事業を拡張」で対象となった、一関・平泉の設置と状況を
視察し、監査を受けました。全国でも例のない新たな取り組みに監査官も
強い関心を示していました

3月26日 地域介護力ワーキング :高田コミュニティホール
今年度最後のワーキングです。アドバイザーの先生2名も顔をそろえて
充実した1年を振り返り、新年度に向けて新たなテーマにチャレンジすることを
確認しました

3月22日 いわてメディカルメガバンク事務局と打ち合わせ:岩手医大
被災地の住民のために健康診断を実施してきた団体と、健康情報の
フィードバックについて連携も視野に協議を行いました。今後ネット端末を
介して住民情報の共有化と活用を検討する予定です

3月16日 第4回未来かなえ機構理事会 :シーパル大船渡
今年度最後の理事会です。多様な取り組みの成果と新年度に向けての
体制を確認しました。

3月7日 大船渡市・吉浜診療所・渡辺先生に未来かなえネットのご説明
渡辺所長は吉浜・綾里の診療所を兼務されるとのことで、ネット端末を
両方の診療所に設置する運びとなりました

3月12日 住田訪看PT4回目会合
毎回熱い議論が交わされ、基本的な方針が確認され、理事会に諮ることとなりました

3月5日 気仙母子連絡協議会 :大船渡病院
地域の子育てや乳幼児対策の重要性を痛感します。未来かなえネットが
何らかの役に立つよう取り組んでまいります

3月2日 県医療局経営管理課打ち合わせ
住田町での訪看事業について、県の施設利用の協力をお願いいたしました。
前向きな回答をいただきました。