一般社団法人 未来かなえ機構

Blog

「夏の!黒崎仙峡ヘルスアップ教室」開催のお知らせ

mirai 2019年06月24日 

 

※ 応募は締め切りました。次回の開催にご期待ください

 

ノルディックウォーキングとは、2本のポールを利用して歩くことにより、

普通のウォーキングよりも多くのエネルギーを消費することができる、

北欧発のフィットネスエクササイズの一種です!

インストラクターの指導の下、潮風を浴びながらノルディックウォーキングを

体験してみませんか?

ポールの貸し出しもできますので、未経験者も大歓迎です!

お申し込みは、 電話番号:0192-22-7261

未来かなえ機構事務局までお願い致します。

チラシの詳細はこちら

 

「未来かなえネット」と「いわて中部ネット」との連携について

mirai 2019年05月16日 

「未来かなえネット」と「いわて中部ネット」との連携

「未来かなえネット」(運営:一般社団法人未来かなえ機構)と「いわて中部ネット」(運営:NPO法人岩手中部地域医療情報ネットワーク協議会)は連携を開始することとなりました。
国が主導し、全国で広がる医療情報連携ネットワークですが、今回「未来かなえネット」と「いわて中部ネット(岩手中部医療圏)」を連結し、2次医療圏単位の2つのネットワークをつなぎ情報共有範囲を拡大する全国初の試みです。
患者さんは、医療圏の中でのみ医療・介護を受けるとは限りません。医療圏を超えてのネットワーク連携による両市町の医療施設・介護施設間での情報共有は、地域住民へ提供される医療・介護サービスの質を向上させ、地域住民の安心・安全に繋がります。
また、同時に今回の連携が岩手県全体の連携へと拡大する重要な足掛かりとなることも期待されています。

こちらのPDFファイルもご参照ください

 

未来かなえ訪問看護ステーション「すみちゃん」について

mirai 2019年03月14日 

未来かなえ訪問看護ステーション「すみちゃん」とは?

未来かなえ訪問看護ステーション「すみちゃん」スタート!

未来かなえ訪問看護ステーション「すみちゃん」は、

2019年4月1日、除幕式を行い、正式に運営がスタートしました!

訪問看護を利用したいと考えている町民の方々は、お気軽に「すみちゃん」へとご相談を

よろしくお願いいたします!

住田町に開設予定の訪問看護についてのアンケート結果

昨年10月に住田町全域に発送したアンケート調査結果をご報告致します。

500以上もの世帯の方々にご協力いただきました。

下記の青文字の文章をクリックしていただくことでアンケート結果を閲覧できます。

訪問看護についてのアンケート:統計

訪問看護についてのアンケート:ご意見・ご要望

アンケートの結果、多くの方々が、訪問看護で受けられるサービスについて

大きな関心を持っているという現状を把握することができました。

住田町民の皆様が安心して暮らせるように支援致します。

 

住田町に対しての説明会

 

未来かなえ訪問看護ステーションの、

住田町に対しての説明会を、1月から2月に

かけて、住田町の各地域

(世田米、大股、下有住、上有住、五葉)

で実施いたしました。

多くの住民の皆様にご参加いただき、

訪問看護ステーションについて

知って頂ける機会となりました。

 

 

住田の伝統「水しぎ」に参加しました!

今年の1月24日。住田町で毎年行われる伝統的奇習、

「水しぎ」に、参加させていただきました。

未来かなえ訪問看護ステーション「すみちゃん」

の名を背中に入れた所長の高橋利果が、

住田町の公認キャラクター「すみっこ」を

イメージするかのようなメイクで、

住田町内を一斗缶を打ち鳴らしつつ

闊歩いたしました。

当日開催された、「水しぎっぺコンテスト」にも

参加し、なんと、所長がグランプリ受賞を飾りました!

住田町の伝統に参加することで、

住田町内の皆様との距離が縮まったような気がします。

高橋利果所長の堂々たる仮装でした!

 

「すみちゃん」の看板

住田町民の方々に、未来かなえ訪問看護ステーション「すみちゃん」の

木製看板を作成して頂き、その看板が住田町立保健福祉センターの

正面玄関付近に飾られています。また、保健福祉センター内の事務所前

にも看板と意見箱が!こちらも、町民の方々の手作りです!

 

「すみちゃん」のロゴマークが完成!

未来かなえ訪問看護ステーション「すみちゃん」

を皆様に知っていただくために、

とても可愛らしいロゴマークが完成しました!

それがこちらです。

このロゴマークとキャラクターは、今後の

未来かなえ訪問看護ステーション「すみちゃん」の

広報活動や、訪問看護の際に利用する

施設車に飾られたりなど、様々な場所での

活躍を検討しています。

このキャラクターのような、温かみのある

訪問看護ステーションを目指していこうと思います!

 

「けせん医報」より、滝田有代表理事「『未来かなえネット』の現状と課題」

mirai 2019年02月12日 

平成30年12月

mirai 2019年01月8日 

【12月】

2日 <口(くち)ビルディング選手権 IN 大船渡 :大船渡YSセンター>

昨年から陸前高田市で実施し、注目を浴びたイベントを、今年は大船渡市で初開催。

口腔機能を高めることで、介護予防につなげようと、運動会のような種目を、

グループで取り組むというユニークな試みで、約30名の市民が参加しました

 

7日 <看護多機能事業所視察:藤沢市ぐるんとびー・横須賀市セントケア>

2月から開始予定の訪看事業の先に、検討課題となっている看護多機能施設は、

まだ全国でも実施例が少なく、その取り組みも多種多様です。

医療と介護をつなぎ、地域に受け入れられるサービスとして、今後展開が期待されています。

住田町での実現の可能性を探る活動のひとつです

10日 <津田塾大学(東京・世田谷区)森川ゼミ「地域ケア論」で未来かなえ機構の活動を説明>

地域介護力事業のアドバイザーである、同大学森川美絵教授の授業で、行ったものです。

機構の取り組みや、東北被災地の現状、少子多死社会での死生観などを講義しました。

強い関心と多くの質問が寄せられました

11日 <訪看ステーションの看護師1名内定!>

13日 <一関ネット協議会開催:磐井病院>

総務省実証実験事業で未来かなえネットに参加された皆さんが集い、

来年度以降の両磐地区での取り組みを協議しました。

本格実施は先送りとなりましたが、引き続き行政の協力を得ながら、

地道な取り組みを続けることが確認されました

14日 <12月度地域介護力ワーキング開催 :シーパル大船渡>

20日 <未来かなえネット・ユーザー研修会 :大船渡防災センター>

約20名のユーザーが参加、特に介護連携に関して活発な質疑が行われた。

また、システムへのさまざまな要望も出され、今後のレベルアップに役立つ貴重な意見として

改善に努めます。

21日 <訪看ステーションの愛称「すみちゃん」に決定!

正式名称は、【未来かなえ訪問看護ステーション「すみちゃん」】です。

10月の住田町産業まつりでの愛称公募の中から、花巻市・大原真知子さんの作品が選ばれました。

23~24日 <事務局移転>

2月からの訪看事業準備のため、事務局を住田町農林会館1階に移転しました。

従来の事務所(住田町保健センター内)は、1月から訪看ステーション

準備室事務所として引き続き使用します。

リニューアルのお知らせ

mirai 2018年12月25日 

この度一般社団法人未来かなえ機構では、関係者の方々により使いやすい、地域に根ざしたサイトにすることを目的として、ホームページをリニューアルいたしました。

リニューアルにともなり、以下の変更がございます。

・お知らせ、過去ログ機能

皆様にお伝えしたい内容の「お知らせ」、そして今までの活動履歴である「過去ログ」この2つを見れるようになりました。

・スマートフォン対応

スマートフォンの普及に伴い、スマートフォンでも見えやすいデザイン・仕様に変更いたしました。

・各サービス・事業の表示

未来かなえネットをインフラとして、多角的に展開するサービス・事業をアイコンと一緒に表示することで、皆様にわかりやすい仕様にいたしました。

 

今後について

より地域に根ざした、使いやすいサイトになるように改良予定です。お知らせに随時更新内容を表示いたしますので、乞うご期待くださいませ。

 

 

TOPへ